人形のモリシゲ

平安春峰(ドールコーディネーター)

人形のモリシゲ

平安春峰(ドールコーディネーター)

人形のモリシゲ創業105年の歩み(下記画像は昭和60年頃の各店舗*現在、存在する店舗はありません)

人形のモリシゲ創業105年の歩み(下記画像は昭和60年頃の各店舗*現在、存在する店舗はありません)

■ 森重商店の創業

大正8年7月初代森重春雄が南大阪の住吉に化粧品問屋「森重商店」を創業。

昭和22年夏、焼け野原の船場の町、久宝寺橋東詰の土地二十坪(66㎡)を即金で買い、移転し「株式会社森重商店」と改めた

■ 多角経営として楽器販売に進出

昭和30年代に入って化粧品業界も流通革新の波に表れ、古いノレンの世界に生きる船場の化粧品問屋にも否応なく押し寄せ、体質の変革を迫られる。

昭和36年森重正子(初代森重春雄の長女)が二代目社長となる。多角経営に切り替え販売拡大を目指して直ちに、従来の化粧品販売に加えてすでに着想していた楽器販売を、河合楽器(当時河合滋社長)と提携のもとに根城松屋町筋の35坪の建物で開始した。化粧品販売ルートをフルに活用、ピアノ、オルガンなどを月間500台を販売するという日本で有数の実績をあげた。

■ 人形の製造販売に転換

昭和40年河合楽器が大阪支社設立直販、伸び悩みなども関連して四年間順調にいっていた楽器販売および化粧品卸売業をこれを機にやめて、もともと人形の町、松屋町という立地条件から「人形の製作・製造・直販」に転換した。

同年7月人形氏を募集採用し、10月より人形製造直販を開始した。

■ 近畿一円に多店舗展開

昭和42年以降、大阪市・船場センターの設置を初め、大阪本社ビル他、大阪・兵庫・和歌山・奈良・京都の各府県下に26店を設置し、多店舗大型人形専門店化をはかってきた。

伝統産業人業界で、種々困難な頭打ちをへながら、それでも年々売り上げを倍増した。

■ 社名の改称と宣伝

昭和43年社名を「株式会社モリシゲ」と改称した。繁盛(ハンジョウ)の表を縁起のよい盛繁(モリシゲ)と読むところに由来。伝統を売りものの節句人形界で、逆に印象付けるためにとった社名の片仮名化とともに、”のぼり、看板”などに黄色地に赤い文字を配するコーポレートカラーを採用するなど、モリシゲのイメージ作りを進めた。

昭和45年からは、チラシ、大阪市営バスのボディ広告をはじめ、新聞広告・テレビ・ラジオなどのマスコミ媒体を通じて広告・宣伝を開始し、さらに各種SP戦略へと売り上げとともに増大した。いまや近畿圏でのモリシゲ知名度は95%以上となった。

■ 新生モリシゲが歩みを開始

昭和60年5月1日、吾郷光夫が三代目社長に就任して、新体制のもとに新生モリシゲが歩みを開始した。

平成2年、大久保西神戸店の開店に続き、平成3年歓喜大阪店が松屋町筋内久宝寺東南角に開店、ちなみにこの土地は松下幸之助氏が上阪して丁稚奉公をした五代自転車店の跡地である。

平成3年10月、長年の念願であった流通センターを生駒市に建設。歓喜生駒店も流通センター直販店として同時開店し、人形のモリシゲは、日本一の大型人形専門店を目指して躍進を続けている。

■ 歓喜株式会社を設立

昭和61年7月11日、姉妹会社として七五三晴着・お宮参り産着・ベビーカー等の子供用品や各種人形及び節句用品を扱う「歓喜株式会社」を設立。

■ 神戸三宮店が阪神・淡路大震災により閉鎖

平成7年1月17日の阪神・淡路大震災により、昭和57年神戸新聞会館1階に開店の神戸三宮の破壊が激しく、行政当局の要請により建物の解体止むなきにいたり営業不可能となった。その後、世の中がバブル崩壊、金融機関の破綻と経済状況の悪化の一途をたどる中、多店舗展開から事業縮小による体質改善事業存続を図る。

■人形のモリシゲは、現在地下鉄長堀鶴見緑地線松屋町駅スグに一店舗を構えている。(下記ビデオにてご紹介)

第一次ベビーブーム、第二次ベビーブームと250万近い出生時から毎年少子化が続き今年は過去最低のおよそ70万人となり松屋町の人形店も40年前の55件から現在10数件になっています。

人形のモリシゲ大阪松屋町現在の外見と店内を三分間でご紹介します。(ナレーションと音楽入り)

①S36化粧品店に楽器店②S50人形会館オープン明石家さんまさん③S49CMキャッシー中島さん④S50CM坂上二郎さん

①S53姫路店開店に萬田久子さん来店②S54~56年3回高見山関来店③S54横綱若乃花関来店④S53年~五木ひろしショー

①S59年CM泉ピン子さん②S59年ハワイ力士小錦さん来店③S62年CM上沼恵美子さん④H元年北島三郎ショー

①H元CM三代目吾郷社長出演②H元大阪市政100周年記念行事に参加③H7CM西条ロックさん④H7カンター米国務大臣来

①H14tvcm4代目吾郷裕亮社長出演②H24秀月ビルに人形のモリシゲ本社移転③H25酒井愛さん来店④R2tvcm吾郷裕太店長

①R5年3月松屋町商店街入口、地下鉄鶴見緑地線松屋町駅上がってスグに移転。

関連商品

SEARCH

CATEGORY

GROUP

KEYWORD

  1. 節句
  2. 初節句
  3. 人形
  4. 雛人形
  5. 花火
  6. 噴出花火
  7. 端午の節句
  8. 五月人形
  9. 手持ち花火
  10. 打上花火
  11. ベビー
  12. ベビーギフト
  13. だるま
  14. 女の子
  15. 男の子
  16. 招き猫
  17. ひな祭り
  18. 雛人形の選び方
  19. おしゃれ
  20. お盆/盆提灯/お盆提灯/岐阜ちょうちん/
  21. 積み木
  22. コンパク
  23. 盆提灯
  24. クラッカー
  25. 日本の伝統
  26. 竹雀兜
  27. 春日大社
  28. 国宝
  29. 竹虎之大鎧
  30. 伝統工芸
  31. リュウコドウ
  32. 絵画
  33. 掛け軸
  34. 縁起物
  35. 平安住一水
  36. 安藤桂甫
  37. 清水久遊
  38. ひいな
  39. 平安天鳳
  40. 後藤由香子
  41. 京雛
  42. アクリルケース
  43. 黄櫨染
  44. 有職
  45. 大越忠保