人形のモリシゲ
線香花火の頂上決戦! 三河伝承・大江戸牡丹VS九州三池・不知火牡丹

純国産線香花火の頂上決戦!

三河伝承・三州火工の「大江戸牡丹」と九州三池・筒井時正の「不知火牡丹」を同時に比べてみました。どちらも、この業界では有名ですが、特に最近では、筒井時正商店の高級贈答用線香花火がマスコミに取り上げられ注目を浴びています。どちらの線香花火も一本当たりの薬量は約0.1gで、入り数は10本です。また、販売価格は同額です。それでは、歴史ある花火生産地、三河対九州のご当地決戦をお楽しみ下さい。

三河伝承・三州火工の「大江戸牡丹」一回目 約42秒

一本当たりの薬量 約0.1g 生産地 愛知県岡崎

入り数10本

線香花火の四現象 牡丹→松葉→柳→散り菊

三河伝承・三州火工の「大江戸牡丹」二回目 約63秒

九州三池・筒井時正の「不知火牡丹」一回目 約38秒

一本当たりの薬量 約0.1g 生産地 九州三池

入り数10本

線香花火の四現象 蕾→牡丹→松葉→柳

九州三池・筒井時正の「不知火牡丹」二回目 約61秒

三河伝承・大江戸牡丹VS九州三池・不知火牡丹(第一回目) 約65秒

手作りのため、一回では甲乙つけがたいところがあります。今回は、五回同時に燃焼を比べたいと思います。向かって左側「大江戸牡丹」右側「不知火牡丹」です。

第一回目 約65秒動画

三河伝承・大江戸牡丹VS九州三池・不知火牡丹(第二回目) 約59秒

関連商品

SEARCH

CATEGORY

GROUP