人形のモリシゲ
盆提灯の由来=お盆の由来

盆は仏教の盂蘭盆会(ウラバンナ)に由来し、来世で苦を受ける先祖の霊をお迎えし供養する大切な行事です。精霊は七月(旧暦八月)十三日にあの世からこの世にきて、十六日に帰って行くとされます。提灯は、そのお盆に先祖の霊や仏様が通る「盆道」を明るく照らし、精霊が迷わず行き来できるようにとの、子孫の優しい心遣いから発生したものです。

玉雲堂カタログより

初盆

初めて迎えるお盆を「新盆・初盆」といい、普段のお盆より、お飾りやお供えを盛大にします。

玉雲堂カタログより

 

提灯を贈る

初盆のお宅には、古くから親戚や子供、親しかった友人から故人の精霊を慰める供養の意味で「盆提灯」を贈りお供えする習慣があります。盆提灯の数は周囲の方から故人が慕われていたかを示すもので、故人に対する感謝を込めて贈ります。お盆の提灯は仏間に対してお飾りするのが正式です。(一般に、進物用の提灯は絵柄が言ったもの)故人に近い親戚、子供、知人の方は礼儀として前月末から七日までに送りましょう。
玉雲堂カタログより

盆提灯-こころのかたち-亡くなられてからの恩返し

亡くなられたあとしばらくしてよく耳にするのが「生きているうちにもっと親孝行しとけばよかった」という言葉です。「親孝行したいときには親はなし石(墓石)に布団はかけられず」ということわざがあります。亡くなられてから優しくしようとしてもそれはできません。特に日本人は恥ずかしがる国民性という点から生きているうちはあまり積極的に親孝行できない傾向があるそうです。初盆で里帰りされるご先祖様を盆提灯の明かりでお迎えし、盆のあかりのぬくもりであなたの思いを伝えること、盆提灯は里帰りの時の目印としてのあかり火の意味と共に、生前には出来なかった恩返しという意味もあります。亡くなられてからもできるご恩返しの盆提灯育ててもらった親への想い御帰りになられるご先祖も盆提灯の灯を見てきっとあなたのお気持ちに気づかれることでしょう。      

俊峰作カタログより

関連商品

SEARCH

CATEGORY

GROUP